人脈引き下げ精管結紮|値段・オペレーション企画・妊娠の可能性

避妊もの 男性が見込める縁故節約はどんな男性にお薦めか

 

男子の縁故節約と言われる避妊ものは、坊やを出したくないと思っている第三者や、これ以上坊やを増やしたくない人の為に役に立っています。

 

引き取り手生活をしていく上でアベック一生、セックスをするのは仲良く話す為の一生の一部になり、行わないとアベックの脈絡が悪くなりつまみ食いなどに走って仕舞う事柄にも繋がってしまう。

 

その為に坊やは取り除けるという第三者や、これ以上坊やを増やしたくない第三者にはお薦めとなるのです。

 

またつまみ食い性の第三者には、余所で坊やを作れないようにすると言った意味で有効活用できます。

 

その他には、女房のボディに懸念を掛けたくないとおもう第三者にもすばらしく、性行為の後のアフターサービスピルなどを服用しなくても済みます。

 

どんな状態でも、基本的には、坊やを作りたくないと思っている男性が縁故節約をするのがお薦めになります。

 

縁故節約(精管結紮)の手術という料金において

 

縁故節約は精巣で作られた精子を制精液の中に輸送する精管という管を切り離して、精巣は作られても精液の中に精子が張り込まないようにする手術だ。

 

精液精巣とは別の場所で生まれる結果勃起や射精はそれまで通りできますが、精液の中には精子が入り込まなくなる結果、女房を受胎させることは不可能となります。

 

一般的にはワンデイ手術などでも行え、そんなにしんどい手術ではありません。

 

料金は病院によっても異なりますが5万円から20万円程度で望める病院が大部分です。

 

あとは、手術ですので少し肌を切開するなどダメージができますので、そのダメージが化膿したりすることなどが考えられます。

 

これらの術後の手入れなどの適応が別料金なのか、それともその手術費用に含まれているのかなどは病院によりことなるので、手術を受ける病院で確認するとよいでしょう。

 

縁故節約後に性行為は出来るのか、また妊娠する懸念は起こるの?

 

縁故節約手術をした後々は、性行為は控えたほうがいいですが、術後落ち着いてきて医師から大丈夫だといわれた後は普通に性行為をすることができます。

 

精子は含まれていない精液を射精する事になり性行為は可能です。

 

ですので縁故節約を通じていればざっと妊娠する懸念はありません。

 

但しごく稀にですが手術でカットした精官が向かうこともあるので警告は必要になります。

 

とはいってもパーセンテージとしては0・01%ほどなのでほとんど受胎の可能性はないといえるでしょう。

 

また縁故節約手術を通じても手術後には依然精液が残っているので、何回かは射精しておくことが必要になります。

 

縁故節約を通じていて、何回か射精をしているのであれば妊娠する懸念は僅かので安心して性行為をすることができます。